週刊BCNでは、今年5月26日(水)から28日(金)の3日間に亘り、年次イベント「BCN Conference 2021 春 ~今こそ新しいITビジネスに踏み出す好機~」をオンライン開催、多くの方にご視聴いただきました。

 今回弊紙では、全20講演の中から『週刊BCN』執筆陣による【業務効率化・デジタル化】【セキュリティ】【クラウド】をテーマとした以下の3講演の動画を、期間限定で公開いたします。

─────────────────────────

■1日目:5/26(水)講演テーマ【業務効率化・デジタル化】
「ITビジネスの“ニューノーマル”を考える
業務効率化/デジタル化を加速させる提案とは」

フリーランスライター  指田 昌夫 氏
『週刊BCN』編集長 本多 和幸(ナビゲーター)

 Withコロナの生活を余儀なくされるようになってから1年以上が経過し、ITビジネスの“ニューノーマル”の輪郭が徐々に鮮明になってきました。
 業務効率化/デジタル化の観点で、プロダクト/サービスやITベンダー側の提案はどんな進化を遂げているのか。週刊BCNで特集を執筆してくれているフリーランスライターの指田昌夫氏を講師に迎え、『週刊BCN』の直近の紙面も振り返りつつ考察します。

─────────────────────────

■2日目:5/27(木)講演テーマ【クラウド/セキュリティ】
「パラダイムシフトが加速するセキュリティ市場
リモートワーク拡大で広がる商機」

『週刊BCN』副編集長 日高 彰
『週刊BCN』編集長 本多 和幸(ナビゲーター)

 新型コロナ禍がビジネスに与えた最も大きな影響の一つがリモートワークをはじめとする業務のオンライン化の推進です。近年、クラウドの浸透を前提にサイバーセキュリティ対策にはパラダイムシフトが起こりつつありましたが、「働く」という行為の前提が変わった結果、その動きがさらに加速したと言えそうです。
 本セッションでは、週刊BCN副編集長の日高彰がメインスピーカー、週刊BCN編集長・本多和幸がナビゲーターを務め、市場トレンドやベンダー、ユーザーの動向などについて最新情報をお届けします。

─────────────────────────

■3日目:5/28(金)講演テーマ【クラウド】
「真・クラウド時代の幕開け
ITビジネスエコシステムの変革、ついに本格化」

『週刊BCN』編集長 本多 和幸

 既にIT活用においては当たり前の選択肢になったクラウドですが、企業のワークロードの大半はまだまだオンプレミス上に存在するのが実情です。しかし、新型コロナ禍により「出社しない働き方」が急拡大した影響もあり、クラウド活用の裾野が従来とは一段違うレベルで広がっていく兆しが見えています。IT業界のビジネスエコシステムも、これに伴って大きく変わろうとしています。
 直近の市場動向と近未来の展望を、『週刊BCN』の紙面を振り返りながら解説します。

─────────────────────────


ぜひご覧いただき、今後のビジネス展開のご参考としていただければ幸いです。