SpecialIssue

クオリティソフト 顧客にPC脆弱性診断サービスを無償で提供 新営業形態で対策を施す

2022/02/10 09:00

週刊BCN 2022年02月07日vol.1910掲載


 クオリティソフトのセッションでは、事業戦略部アライアンスマネージャーの武石真也氏が登壇し、「無料のPC脆弱性診断(PCドック)で必要な対策を自動提案」をテーマに講演した。

クオリティソフト
事業戦略部 アライアンス マネージャー
武石真也氏

 多くのリセラーはセキュリティソリューションを重要な商材に位置付け、主要な収益源としての期待をかけている。「ただ、セキュリティソリューションの営業活動で悩みをかかえているリセラーは多い」と武石氏は指摘する。

 相手企業が何に困っているかが分からず効果的な提案ができていなかったり、商材の特性をうまく説明できなかったり、自社商材の訴求に苦心していたりするリセラーが多いという。販売後の技術サポートや契約管理の工数も、リセラーにとっての関心事だ。

 クオリティソフトの「QUALiTY SUITEエンドポイントサービス」は、このような悩みを抱えるリセラーのために作られた新しいタイプのセキュリティソリューションだ。ポイントは、「アセスメントのためのPC脆弱性診断サービス『PCドック』を無償で提供し、対策となる“処方箋”で同社の有償サービスを紹介する」(武石氏)仕組み。処方箋にリセラー独自の商材も加えることができるので、サイドセルのためのツールとしても有用だ。

 このソリューションの“入り口”となるPCドックは、管理対象PCに組み込まれたエージェントが集めたデータを基にクラウドで自動診断するツールになっている。結果はダッシュボードにグラフなどの形で表示され、問題のあるPCを突き止めるのが容易。分析結果をまとめたレポート(診断書)と推奨対策リスト(処方箋)には、それぞれの脆弱性を解消するためにどのような対策をとるべきかも示される。

 具体的な対策として処方箋に載せるのは、「DefenderControl」(Windows Defender設定値の一元管理)「ISM LogAnalytics」(PC操作ログの一元管理)などの有償ツール。同社のパートナー企業となったリセラーは、自社独自の製品やサービスをここに追加することも可能だ。

 また、パートナー企業向けの支援策については、PCドックの技術サポートをクオリティソフト側で担当しているほか、顧客管理専用サイトも運営中。PCドック販促チラシやPCドック紹介動画などの営業ツールも用意されているので、顧客への紹介もスムーズに進められることだろう。
 
  • 1

関連記事

クオリティソフト PC脆弱性診断サービスを無償提供 既に1000社以上が利用登録

企業PCの危険度を毎日無料で診断、クオリティソフトが「PCドック」をリリース

クオリティソフトと和歌山県湯浅町が包括連携協定、自治体DX実現で

外部リンク

クオリティソフト=https://www.qualitysoft.com/