クオリティソフトは1月14日、無償のPC脆弱性診断サービス「PCドック」の提供を開始した。診断結果に基づいて必要な対策を提示することで、PCのセキュリティ強化を支援する。既に大興電子通信など数社のパートナーが先行してパイロット提供をしており、1000社を超える企業が利用登録しているという。
 
PCドックの管理画面。診断書も用いて脆弱性を解説する

 PCドックは、エージェントをPCにインストールするだけで、「OSの脆弱性」「ブラウザの脆弱性」「ウイルス対策ソフトの更新情報」「危険なアプリの有無」「HDD暗号化実施の有無」を診断できる。結果は項目ごとに脆弱性のレベルに分けてグラフ化して表示する。クオリティソフトは2007年から、クラウド型IT資産管理「ISM CloudOne」を提供しており、その知見を生かして診断を実施する。

 脆弱性の詳細や対処方法は、診断書を用いて解説する。その際、対策として同社の製品や販売パートナーが扱う製品が表示される。ユーザーは、表示された製品を1カ月間無料で試すことが可能だ。