10月1日付で「ディーアイエスナガシマ」から社名を変更した「ZOA」が次のステップに踏み出した。単なる商品を販売するという体制から、サポート重視のビジネスにシフト。間近に到来しつつある家庭内の家電機器がネットワークでつながる「e─ホーム」を視野に入れる。家電量販業界の競争が激しくなりつつあるなか、独自のビジネスモデルを構築することで利益を確保していく方針だ。