アウトソーシングなどを手がける情報サービス業のインフォメーション・ディベロプメント(ID)は、一時期の低迷を脱し、再浮上に向けた体制を整えた。今年1月に就任したばかりの舩越真樹・新社長は「準備期間は終えた。今後の当社の成長は『人間力』がカギとなる」と、早速、成長の青写真を描く。06年度から始まる新中期経営計画では、川上から川下までを網羅する「BOO(ビジネス・オペレーションズ・アウトソーシング)」戦略を推進し、幅広いビジネスを展開。コア事業を軸に、安定した利益確保を目指す。