Linuxディストリビュータの最大手、レッドハットが「プラットフォームベンダー」を標榜し始めた。OSS(オープンソースソフトウェア)分野でOSだけでなくミドルウェア領域まで踏み込み、OSSでつくる情報システムのプラットフォームを総合的に手がけようとしている。Linuxディストリビュータからの脱皮しようとする戦略の真意は何か。