2003年10月、国内のソフト会社で初めて国際的なソフトウェア開発プロセスの品質評価基準CMMI(Capability Maturity Model Integration)レベル5の認証を取得、マンパワー依存型のシステム開発を否定し、工学的手法の採用を推進している。