今年1月、日本AMDは新基軸のプロセッサ「Fusion APU」を発売した。また、サーバーでは「Opteron」シリーズのコア数を増やし、拡販に力を注いでいる。その陣頭指揮を執るのが、昨年11月に就任したニック・ラザリディス社長。ビジネス拡大の柱に真っ先に「人材」を挙げるラザリディス社長に、日本AMDの描く未来像を聞いた。