日本AMDは1月20日、同日付けで代表取締役社長に宮本啓志氏が就任したことを発表した。宮本氏は、日本での経営全般をはじめ、販売やマーケティングを統括する。前社長の吉沢俊介氏は取締役会長に就任した。

 宮本氏は日本AMD入社前、2007年10月から直近までデルに在籍。ラージ・エンタープライズ部門のソリューション・イノベーションマーケティング本部長として、アジア太平洋地域に対するソリューション・マーケティング基盤の開発に携わってきた。

 デル入社以前は、ホスティング事業者のサヴィス・コミュニケーションズ代表取締役、米国が本拠地の技術系ベンチャー・キャピタルのConstellation Ventures日本代表を務めるなど、経営者としての経歴ももっている。また、ソニーに18年間在籍し、コンスーマーエレクトロニクス製品の販売をはじめ、マーケティングや製品企画、CEO直轄の経営戦略部長を務めた経験もある。

2010年1月20日付けで日本AMDの社長に就任した宮本啓志氏