ここ数年の間、売り上げや利益の減少に悩んでいる三井情報は、今年6月、トップが交代した。三井物産出身の齋藤正記新社長は、研究開発に積極的な投資を行い、独自の技術力を培うことによって他社との差異を明確にして、ビジネスの成長に挑む。社員を主体として、積極的に新しい試みに取り組む──。齋藤社長は、ユーザー企業への提案の仕方を変えることから事業改革に着手し、自ら顧客ニーズを読み取ってそれに対応することができる会社をつくろうとしている。