日商エレクトロニクスグループでクラウドサービス事業を展開するエヌシーアイの橋本晃秀社長は、クラウドに付加価値をつけることによって、インフラ提供に特化したビジネスモデルを採用しているIaaSベンダーとの差異化を明確にしようとしている。橋本社長は就任からのおよそ1年半、現場に足を運んで課題を把握したり、業績の数字を社員と共有したりと、要職を務めてきた外資系ベンダーらしいマネジメントを貫き、著しいビジネス成長に結びつけている。橋本社長に、事業戦略についてたずねた。