中国の情報サービス業界で、新しい全国規模の業界団体が発足しようとしている。そのカギを握る一人が北京服務外包企業協会(BASS=北京サービス・アウトソーシング企業協会)の鐘明博理事長だ。今年下期(2014年7・12月)をめどに民間主導のサービス・アウトソーシング業界団体「中国服務外包協会(仮称)」を設立する準備を進めており、これに先だって、13年11月に連合会方式の「中国信息技術服務与外包産業連盟(CITSA)」を設立。今年3月、CITSAは対日オフショアソフト開発の振興を担う分科会も開設し、鐘理事長自身が分科会長に就任している。日本の情報サービス業界との関わりを中心に話を聞いた。