中国で日系主要SIerの事業構造の転換が急ピッチで進んでいる。中国の人件費が高騰するなか、NTTデータは、人件費が比較的安く、優秀な人材を確保しやすい内陸部へソフトウェア開発拠点の中心を移すとともに、沿岸の大都市部では上流工程へのシフトや自動化に力を入れる。ITホールディングスグループのTISも沿岸部と内陸部の開発人員の数が逆転するなど、中国でのフォーメーションの組み替えを進める。日中間の政治的な緊張関係が続き、中国地場のユーザーからの受注が思うように進まない厳しい状況が続いており、主要SIerは変化適応を迅速に進めることでビジネスを伸ばそうとしている。