NTTデータの岩本敏男社長は、「ITビジネスの本質は、テクノロジーの進化にある」とし、テクノロジーの爆発的な進展によって、SIerのビジネスも「不連続の発展」に遭遇する場面がより増えると予測する。かつて、アメリカの未来学者アルビン・トフラーが唱えた「脱工業化社会」の到来が現実のものとなり、IoTやビッグデータ、ロボティクスなどによる“第三の革命”が本格化。NTTデータ自身もグローバルトップのSIer集団で一段と存在感を発揮するため、今の延長線上ではない「不連続の発展」による断絶を乗り越えて、ビジネスを伸ばす方針だ。