2016年4月、電力小売全面自由化がスタートした。多くの企業が電力事業への新規参入を検討し、大いに盛り上がったが、そこは高い信頼性が求められる社会インフラ。自由化されたとはいえ、参入のハードルは高い。そこで、多くの企業が頼ったのが、関電システムソリューションズだ。関西電力グループのIT企業だが、ここ数年はコンサルティング部隊を設置し、業務コンサルティングに注力。電力自由化によって、活躍の場を広げた。また、電力系IT企業として唯一、電力小売事業者向けソリューション「NISHIKI」を提供。関電システムソリューションズが目指す「フルサポート」にとって、大きな一歩となった。