IBM製品のトップセラーとして長年にわたって君臨してきたJBCCホールディングスグループ(JBグループ)。トップセラーである以上、常に売上高を追求してきたJBグループだが、2017年、製品卸の子会社を連結から外すことにより、ビジネスモデルの変革を鮮明に打ち出した。この4月1日付で中核SI事業会社のJBCCの社長と兼務するかたちでJBCCホールディングスのトップに就いた東上征司社長は、前任の山田隆司社長(現会長)と二人三脚で“利益重視”を旗印にビジネスモデル変革を推し進めた中心人物。トップとして、JBグループの今後をどのように描いているのだろうか。