企業が一方的に自社製品・サービスの価値を訴求する時代は終わり、ビジネスが顧客起点で駆動される「顧客の時代」を迎えたと言われ、B2C企業はもちろん、B2B企業も、顧客接点となるコンタクトセンターをより重要視するようになっている。この領域で勢いを増しているのが、クラウド型コンタクトセンターの米インタラクティブ・インテリジェンスを買収した、米ジェネシスだ。日本法人の細井洋一社長は、いよいよ国内にも押し寄せたDXの波が、同社のビジネスには大きな追い風になっていると話す。