「抜きんでた力を持ち情報サービス業の技術革新をリードするトップガン人材、ITアスリートを一人でも多く輩出することが業界活性化に直結する」と、この6月の総会で情報サービス産業協会(JISA)会長に就任した原孝氏は話す。ITアスリートの背中を見た後進が、「自分もああなりたい」と思えるような交流の場をJISAがより多く提供していくことで、次の世代の人材育成へとつながる好循環をつくり出す。「今の情報サービス業に閉塞感があるとすれば、人びとに刺激や気づきを与える人材が少なすぎる」のが一因とし、グローバルで競争力のある人材を全国規模で育成していく活動に力を入れる。