シマンテック(成田明彦社長)、バード・ビュー(相川太郎代表取締役)、KCOM(阿久津敏幸社長)の3社は、インターネットマンション向けに業界初のウイルスチェックサービスを提供する。

 今回のサービスは、バード・ビューが行っているファイアウォールによるマンション外部からの不正アクセスの遮断と、バーチャルLAN対応のスイッチングハブによる住居間の不正アクセスブロックに加え、シマンテックとKCOMとの提携によるメールウイルスチェックを提供するもの。

 さらに、シマンテックが「Norton AntiVirus」の最新技術を投入し、「シマンテック・セキュリティ・レスポンス」とのホットラインによって24時間365日稼動で新種ウイルスへの対応を行う。

 なお、同サービスは、日商岩井不動産が昨年8月に販売した新築マンション「ソフィア戸塚」からサービスを開始しており、今後も「ソフィア相武台」、「ソフィア美浜」(2002年7月入居予定)や「ソフィア草加」(2002年8月入居予定)、「ソフィアステイシア」(2003年1月入居予定)など、3年間で1万戸への供給を予定している。