インテュイット(平松庚三社長)は、「弥生02シリーズ」の販促キャンペーンとして、他社製品からの乗り換えを含む特別優待パッケージを本数限定販売する。

 需要が高まる確定申告シーズンの3月が終了した後も需要を喚起し、最近増加している「申告シーズンのみならず、継続的に利用できる会計ソフトを導入したい」というユーザーの潜在ニーズ掘り起こす。

 弥生シリーズの2002年度新規ユーザー約2600人を対象に実施したアンケートで、半数以上が他社業務ソフトやコンピュータ・システムなどからの乗り換えであることから、今回のキャンペーンを実施する。

 乗り換えができるのは、ソリマチ、オービックビジネスコンサルタント、ピーシーエー、ユニシンク、BSLシステム研究所、ジェイシーエヌランドの6社の一部製品。ただし、データコンバートには対応していない。