情報処理振興事業協会(IPA、村岡茂生理事長)は、2002年3月のコンピュータウイルスの届出状況をまとめた。これによると、3月の届出件数は1460件と、先月(1439件)と同水準で推移したが、実害率は10.5%で2月の8.8%から若干上昇した。

 今回の集計では、日本語件名を使用する「W32/Fbound」ウイルスの被害届けが212件も寄せられた。このウイルスは、件名に日本語を使用する初めてのウイルスで、しかも知り合いから届くため、添付ファイルを実行してしまい感染するケースが多く見られた。メールの添付ファイルは安易に開かないという基本が守られず、実害率は26.4%と高い数値となった。