シンクプラン(小澤孝俊社長)は、ECコンサルティング業務の拡大を狙いに、クマザサエキスの入った化粧品・健康食品の販売サイト「ササランド(http://sasaland.com/)」をオープンした。「ECは常時接続、ブロードバンドにより今後拡大期に入ると見られているが、ECに最適なサイトの構築、商品アピール方法などは未確定な部分が多い。当社自身で販売サイトを運営することで、最適なビジネスモデルを構築することができる」(小澤社長)と判断。3月にサイトを立ち上げ試験運用を行ってきたが、プレゼントサイトからのリンクなどにより月間10万アクセスを得るようになった。今後は、告知活動の強化などを行い、「ECサイト構築コンサルティング事業を拡大する」方針だ。

健康食品の販売サイト

 ササランドでは、健康機器メーカーが販売するクマザサをエキスを使った健康食品や化粧品を販売している。

 ソフトメーカーであるシンクプランが自社で健康食品の販売を始めた背景について、小澤社長は、「健康機器メーカーの商品は高年齢者層をターゲットにしているので、インターネットでの販路拡大には限界がある。そこで、新たな市場を開拓するために、商品のデザインも含め当社でブランディングを行いサイトを構築した」と説明する。

 当初はサイト構築だけを請け負う予定だったが、「メーカー側の意向もあり、販売も手がけることになった。ECサイトの運営ノウハウは確立していない部分が多く、販売を手がけることで、今後他社のECコンサルティングにも応用できるノウハウ修得が可能」(小澤社長)と、そのメリットを話す。

 「商品は健康ドリンク。年間で200万本を販売する実績のある商品で、品質的には自信がある」という。今回新たにインターネットという新しいチャネルで販売を開始したことで、「20-30歳代の女性にどれだけアピールしていくことができるのかがポイント」と見る。

 すでに3月にサイトをオープンし、試験運用を行った。その結果、広告などの告知活動をほとんど行わなかったにもかかわらず、プレゼントサイトなどへのリンクにより月間10万アクセスを得ている。

 「サイトでは、クイズ形式のウォークラリーでクマザサ商品への知識を得てもらいながらプレゼントに行き着くようになっている。宣伝を行わずに集客を増やし、商品のアピールを行っていくこともノウハウの1つ。さらにどういったサイトから誘導することで、購入者が増えるのかを研究していきたい」

 今後はサイトのアピールを行い、販売の拡大を目指す。「ササランドでの売り上げがどの程度になるのかは未知数。だが、この実績を生かし、ECサイトの構築コンサルティング事業を他社にも展開していくことで、当社全体の売上増につなげたい」(小澤社長)方針だ。