メディア・ナビゲーション(横山徹社長)は、デジタルカメラで撮影したデータをアルバムとしてプリントする「アルバムプリント」を6月13日に発売する。

 デジカメのデータをデジタル上でアルバム化したり、画像をプリントする製品は出ているが、「アルバムプリント」はデジタルデータを紙のアルバムとして一括出力することができる。アルバム上での写真の並び替えや選択もワンタッチで実行可能。手軽にアルバムを作成できる。

 「デジカメのデータは電子メールなどで配布、閲覧しやすいが、パソコンをもっていない人は見ることができなかった。また、データの整理・管理も案外手間がかかる。アルバムプリントはアルバムという形態で出力することで、複数の人が閲覧しやすく、後に残しやすい」(横山社長)

 使い方としては、運動会や遠足などファミリー向けと、結婚式や住宅建設の撮影といった業務での顧客サービスなどを想定している。印刷の際には、無地に写真だけプリントアウトすることも可能だが、用途に応じたテーマごとの背景を印刷することができるよう、600点以上の背景を出力できる。

 ExifPrint対応デジカメで撮影したデータは、撮影データにあわせて最適な画像補正をワンタッチで行ったり、印刷用紙の種類から最適な印字方法などのプリンタ設定を自動で行う「らくちん印刷機能」を搭載している。

 価格は、アルバム用バインダ付が6800円、バインダなしが5800円。初年度2万本の販売を見込む。