インターネットセキュリティシステムズ(ISS、林界宏社長)は、セキュリティ検査製品と不正侵入防御製品を一元管理、自動管理する統合管理システム「Real Secure SiteProtector 1.2」を出荷した。

 新製品は、管理プロセスを単純化し、一元化された管理サイトにセキュリティ情報を集中化し、相互に関連付け、脅威を優先順位付けして対応することによって、次世代のネットワーク保護を可能にするシステム。

 さらに、同製品を導入することによって、同社保護技術のすべてを管理することが可能となる。