トレンドマイクロは、新種ウイルス「WORM_OPASOFT.A(オパソフト)」と「WORM_BUGBEAR.A(バグベア)」について、日本国内での感染状況を発表し、警戒を呼びかけている。危険度は、2種とも「低」。

 「WORM_OPASOFT.A」は、ワームに分類される「トロイの木馬型」不正プログラム。「WORM_BUGBEAR.A」は、メールによって広まるワーム。Outlook Expressのアドレス帳にある宛先すべてに、ウイルス付きのメールを送信する。