【上海発】英国の調査会社であるポイントトピック社は、中国のブロードバンドユーザー数が現在の速さで増加すれば、今年末には米国を超えるだろうと予測している。4月5日付で現地メディアの賽迪網が伝えた。

 ポイントトピック社によると、2004年12月末時点で米国のブロードバンドユーザー数は約3390万、中国は約2580万となっている。

 そのため今後、04年下期(7-12月期)と同様のスピードでユーザー数が増えれば、05年末には中国が米国を上回るとしている。

 ブロードバンドの普及率では、韓国が依然トップ。2位以降には、香港、オランダ、デンマークなどが続いている。
花村直子(インベスネットワークテクノロジー、http://www.inbess.com/