トレンドマイクロ(エバ・チェン社長)は、一般消費者向けに2月10日から販売するスパイウェア対策ソフト「スパイバスター 2006」を法人市場でも展開する。現在、「スパイバスター2006」を法人のニーズに合わせてカスタマイズしスパイウェア対策の専門ツールとして販売するか、セキュリティ対策など既存のクライアントセキュリティソフトに機能を組み込んで提供するかの検討を進めており、提供方法を詰め次第、今春中には法人市場に投入する考えだ。

 「スパイバスター2006」は、パスワードやクレジット番号などの個人情報をユーザーの知らぬ間に盗み出したり、パソコンの設定を勝手に変更したりするスパイウェアを発見・駆除するためのソフト。05年5月にトレンドマイクロがスパイウェア対策技術を持つ米インターミュートを買収し、トレンドが持つスパイウェア対策技術と組み合わせて開発した。2月10日に一般消費者向けに希望小売価格4725円(パッケージ版)で販売する予定だ。

 トレンドマイクロが個人向けに統合セキュリティソフト「ウイルスバスター」以外にソフトを提供するのは、今回が初めて。競合他社がパーソナルファイアウォールやスパム対策ソフトなど、統合セキュリティソフト以外に単機能ソフトをラインアップしているのに対し、トレンドは一貫してすべての機能をウイルスバスターに集約してきた。

 沢昭彦・コンシューマビジネス統括本部統括本部長バイスプレジデントは、「スパイウェアについては全く新しい分野であり、今後市場が大きく成長する可能性があるため、専門ツールとして提供する価値があると判断した」と製品化に至った背景を述べている。