ログイット(立古史朗社長)は8月10日、ネットワーク上のトラフィック管理を実現するネットワーク・プローブ「LG-Probe(ログイット・プローブ)」を、8月20日に発売すると発表した。

 「LG-Probe」とネットワーク管理ソフト「LiMS」を既設ネットワークに導入することで、低コストでネットワークモニタリング・システムを構築でき、RMONにもほぼ対応する。既にネットワーク管理システムを利用中でも、より広範囲・詳細なトラフィック管理を実現できる。

 このほか、拡張機能としてWinny通信検知機能や不正PC排除機能(MACアドレス検疫/VLAN対応)、オプションとしてIDS機能を揃え、さまざまなネットワーク・セキュリティ管理を実現できる。今後もさまざまな拡張機能をリリースする予定。

 価格はオープンで、実勢価格は20万円前後の見込み。別途、初年度から年間サポート費用が必要になる。ログイットでは初年度売り上げ目標を1億円としている。