キング・テック(王遠耀社長)は9月3日、キングソフト(広沢一郎社長)と販売代理店契約を結び、キングソフトのオフィスソフト「キングソフト オフィス2007 スタンダードライセンスパック」とセキュリティソフト「同 インターネットセキュリティ2007」の販売を始めた。

 「キングソフト オフィス2007」は、ワープロ、表計算、プレゼンテーション機能を持つ総合オフィスソフトで、マイクロソフトの「Office 2003」との高い互換性を持つ。一方、「同 インターネットセキュリティ2007」は、ウイルスやスパイウェア、フィッシング対策機能のほか、パーソナルファイアウォールなどの機能を備えた年間更新料無料の総合セキュリティソフト。

 両製品とも価格はオープン。税別価格はライセンス数で異なるが、50ー99ライセンス場合で「オフィス2007」が5400円、「インターネットセキュリティ2007」が1260円。