エクセルソフト(渡辺光敏代表取締役)は、米MadCap Softwareが開発・販売するフィードバックおよびレポーティングツール「MadCap Feedback」を9月12日に発売する。

 「MadCap Feedback」は、オンラインコンテンツに利用者がブログ形式のコメントを書き込めるほか、トピックごとのランク付けができる機能を持つ。一方、作成者は利用者の検索内容を追跡する機能で、「何を検索でき・何を検索できなかったのか」を把握することが可能になる。

 製品はソフトとしての提供のほか、月額利用制のサービスとしても販売する。ソフト「MadCap Feedback サーバー」はダウンロード版とパッケージ版を用意し、価格はダウンロード版が36万7500円、パッケージ版が37万3800円。サービスモデル「MadCap Feedback サービス」は3か月利用の場合で5万8800円、年間で17万6400円など。