マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は9月26日、次期サーバーOSの製品候補版「Windows Server 2008 日本語版Release Candidate 0(Windows Server 2008 日本語版RC)」のダウンロード提供を開始すると発表した。また1050円のDVDキットの申し込みを開始した。

 顧客企業やパートナー企業のIT技術者や開発者が対象。また同時に、x64バージョンの「Windows Server 2008 英語版RC」におけるハイパーバイザー型の仮想化プラットフォーム「Windows Server Virtualization(開発コード名「Viridian」)」の「Community Technology Preview(CTP)」の提供も開始した。

 「Windows Server 2008」は、これまでの「Windows Server」で最も信頼性が高く、管理性、統合性を実現した「Internet Information Services 7.0」「Server Core」「Windows Power Shell」「Network Access Protection」「Server Manager」「Windows Server Virtualization」などの数多くの機能を搭載。今回提供する「Windows Server 2008 RC」は、「Windows Server 2008 Beta 3」などの評価プログラムでの数多くのフィードバックを反映したほか、ほぼすべてのユーザーインターフェースの日本語化を完了するなど、完成に近づいた評価版となっている。