アイエニウェア・ソリューションズ(アイエニウェア、早川典之社長)は、データベース管理ソフト(RDBMS)のパッケージ「SQL Anywhere」が、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL、池上幸弘社長)の「情報統合・情報活用ソリューション」を構成する製品に採用されたと発表した。

 富士通SSLは、データウェアハウスやフロントシステムの情報統合ソリューション「情報統合・情報活用ソリューション」の拡販を進めるために機能強化を図っていたなかで、スマートフォンやPOS端末、タブレットPCなどで稼動する「SQL Anywhere」にメリットを感じ採用を決めた。同ソリューションに組み込んで販売する。

 「SQL Anywhere」を採用することで、フロントシステムで収集した情報の統合と、多種類の端末からデータを集約して一元管理することなどが容易になるという。なお、今回の協業で、富士通SSLはアイエニウェア米本社の親会社である米サイベースのデータベース「Sybase IQ」も取り扱う。