トランスウエア(松田賢代表取締役)は10月16日、サスライト(植松真司代表取締役)と業務提携し、Webメール「Active! mail」とサスライトのアクセス権統合パッケージ「SASTIK III Server」を組み合わせたソリューションを11月1日に発売すると発表した。

 「Active! mail」を利用する際に、IDとパスワードの入力に加えサスライトのUSBキー「SASTIK 0MBキー」を挿し込むことでアクセスする仕組みにした。複数の認証手段を使うことで、セキュリティレベルを向上させた。社外から利用する場合は、SSL-VPN機能で通信内容を暗号化するため、情報漏えいを気にせず安全に利用できる。

 「Active! mail」は、これまで約700万アカウントを販売した実績があるWebメールソフトで、「SASTIKシリーズ」は約10万人のユーザーに納入したハードウェア認証キーソリューション。