伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、マイクロソフトの3社は10月22日、マイクロソフトの「Network Access Protection(NAP)」と「Terminal Service」のソリューション検証を共同で実施すると発表した。

 「NAP」と「Terminal Service」は、マイクロソフトが08年春に提供予定の次期サーバーOS「Windows Server 2008」日本語版に実装される機能。「NAP」では、クライアントの検疫によるネットワークの健全な運用を実現。「Terminal Service」はアプリケーションの一元管理とプレゼンテーション層の仮想化を実現することで情報漏えいを防止する。

 今回の協業に基づき、3社は、CTCの技術検証センター「テクニカルソリューションセンター」内に、顧客の導入環境を想定したシステムとして、日本HPの「HP ProLiant サーバ」と各種ハードウェアを組み合わせたマルチベンダー環境のシステムを設置し、「Windows Server 2008」に実装されたNAPとTerminal Serviceの基本動作検証を行う。これにより、サイジングデータの取得およびシステム構築手法の確立を目指す。なお、同検証で得られた検証結果は、ホワイトペーパーとして08年2月下旬に一般公開する予定。

 またCTCは同検証で確立したシステム構築手法により、次世代オフィスソリューション「eWork@CTC」のラインアップとして、社内へ接続するPCを対象としたNAP検疫ソリューションと情報漏えい対策のクライアントソリューションを来春から提供するとともに、3社で同ソリューションの共同プロモーションを実施する。