日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月23日、PCのライフサイクルに合わせたサポート体系「HP Total Care」の第1弾を発表した。サポートの内容は、PCのHDDの障害時に読み出せなくなったデータの復旧を行う「データリカバリサービス」と、HDDの交換後、故障しているHDDもユーザーに引き渡しする「HD(ハードディスク)返却不要サービス」の2つで、今後も順次サービス内容を拡充していく。

 「HP Total Care」は、工場生産時や使用時、製品廃棄時などPCのライフサイクルに合わせたきめ細かなサービスを提供するサポート体系。「データリカバリサービス」は、故障してデータが読み出せなくなったHDDから必要なデータを復旧させるサービス。従来、専門業者への依頼が必要で数万円から数百万円の費用がかかったサービスを、低料金かつ契約期間中何度でも利用できる「保険型」のサービスとして提供する。

 価格は1年間のサービスが1万1550円、3年間のサービスが1万6800円。10月23日から、HP Directplusオンラインストア、HP Directplusコールセンター、HP Directpartnerで順次販売を開始する。対象製品はパーソナル・ワークステーション、法人向けノートPC、法人向けデスクトップPC。

 「HD返却不要サービス」は、出張サービスでの修理交換によって取り外されたHDDを、ユーザーにそのまま引き渡すもの。契約期間中ならば何度でも利用できる。7月から提供している「サーバ用HD返却不要サービス」と同じ内容で、適用範囲をデスクトップPC、ノートPC、パーソナル・ワークステーションに拡大した。

 3年間のサービスで価格は4725円から。10月23日から、HP Directplusオンラインストア、HP Directplusコールセンター、HP Directpartnerにて順次販売を開始する。対象製品はパーソナル・ワークステーション、法人向けノートPC、法人向けデスクトップPC。