富士通は11月8日、組込みソフトウェア「Inspirium(インスピリアム)」で、Webページの閲覧機能を大幅に向上させた「HTMLブラウザ V3.7」や「音声合成ライブラリ V3.0」、ネットワーク機能を強化した「HomeNetworkライブラリ V2.0」の3製品を、11月14日に発売すると発表した。

 「HTMLブラウザ V3.7」は、PC向けに作成されたWebページを携帯電話などで閲覧や操作する機能を強化。コンテンツを正確に利用できるWebサイトの割合が従来製品の60%から90%以上へと大幅に向上した。これによりコンテンツ提供者は組込み機器向けに別コンテンツを作成する必要がなくなり、Webコンテンツ作成の工数削減が可能になる。

 「I音声合成ライブラリ V3.0」は、富士通研究所(村野和夫社長)が開発した最新の音声合成技術「最適化素片複合方式」を活用して、電子機器での音声ガイダンスの品質向上を実現する。滑らかな音のつながりを実現するために、合成時に音の接続位置が不連続とならないように考慮した音声素片を使用。大量の音声データの中から合成時に劣化しにくい音声素片を集めた波形辞書を用いることで、人工的な印象をなくした柔らかな合成音声を実現する。

 「HomeNetworkライブラリ V2.0」は、PCやデジタル家電機器をネットワークでつなぐ際のガイドライン「DLNA」に対応した「Inspirium PnPライブラリ」の家庭内ネットワーク機能を強化した製品。IPネットワーク内で著作権保護技術(DRM)により保護されたコンテンツを伝送する規格「DTCP-IP」を新たにサポート。PCに録画したデジタル放送の番組を、家庭内ネットワークを介してテレビで再生できる。さらに、DLNAが作成した「Link Protection Guideline」に対応、家庭内のデジタルコンテンツを簡単な操作で楽しめる。

 動作環境は、Linux、Windows、μITRONなど、価格はすべて個別見積もり。販売目標は「Inspirium」全体で3年間で100億円。