日立製作所は11月14日、通信と情報システムを融合するソリューションCommuniMax(コミュニマックス)「IP電話化ソリューション」で、自宅やサテライトオフィスなど、社外からインターネット回線を利用して内線電話の発着信と通話を実現する機能を拡充して発売した。

 シンクライアントとVPN網を利用したシステムにより、社外でインターネット接続をするセキュリティPCから社内の電話帳検索を使い、目的の相手を探し出してワンクリックで電話発信が可能。また、座席表示ソフトの座席ナビで目的の相手の在席状況を確認し、直接電話することで電話の取り次ぎや不在時の連絡待ちなどの無駄を省くことができる。

 また、社内のIPテレフォニー端末として、IP固定電話機、PC対応ソフトフォン、シンクライアント対応ソフトフォン、無線LAN携帯電話など、ユーザーの環境に応じた端末が選択できる。なお、シンクライアント対応ソフトフォンは、新たにCitrix Presentation Server(CPS)にも12月に対応する予定。