日本SGI(和泉法夫社長)は11月14日、保守サービス拠点を業務・資本関係のメディアエクスチェンジ(MEX、山崎里仁社長)のオフィスに移設した。

 移転したのは、10月1日付けで新設したソリューション・サービス事業本部IPコミュニケーション・サービス・センターと保守サービス部門のエンジニア約40人。これまで、神奈川県・横浜のテクニカルサポートセンターや東京都・恵比寿の本社などに分散していた拠点と人員をMEXに移した。注力事業に位置付けるSaaSビジネス強化のためで、MEXにリソースを集中させることで、安定した高品質の運用サポートサービス提供を目指す。

 また、今回の施策を機に、情報システム部門が管理・運用する日本SGIの基幹業務システムやメールサーバーなど、全サーバーをMEXのインターネットデータセンターに移設した。日本SGIは、07年1月にMEXと業務・資本提携を結び、現在筆頭株主になっている。