インフォコム(吉野隆社長)は、データセンターフルアウトソーシングサービス「エクステーション(X-TATION)」のインターネット接続サービスの新メニューとして、バックボーン帯域を増強したサービスを加えて発売した。コンテンツプロバイダやeコマース企業を主な顧客ターゲットとして拡販する。

 「エクステーション」を利用する顧客向けの、大容量データの高速送受信が可能なインターネット接続サービス。UCOMとの業務提携で、光ファイバー網の回線収容局をインフォコムのデータセンター内に設置。数十Gbps規模のインターネット接続回線を引いたことで実現した。

 ラインアップと税別のサービス利用月額価格は、1Gbpsの場合で、ベストエフォート型が48万5000円、帯域保証型で295万1000円。なお、発売に伴い、12月28日までキャンペーンを実施する。新メニューを含め「エクステーション」を契約したユーザーには、月額サービス料金は利用開始日から最大1か月無料にする。