日本ヒューレット・パッカード(日本HP、小出伸一代表取締役社長執行役員)は1月15日、ウェブ経由でのファイル共有を安全に実現するリバースプロキシ型ファイルサーバー・ソリューション「HP IceWall File Manager 3.0」を発売すると発表した。最小構成価格は199万5000円から。

 ファイルサーバーとクライアントPCとの間でリバースプロキシとして動作し、ファイルサーバーの機能を強化するソリューション。ユーザーはウェブブラウザの操作画面を通してファイルの取得や操作を行える。ドラッグ&ドロップによるファイル操作やアクセス制御、アクセスログ管理などの機能を利用可能。そのため、利便性を高めるられる上、ユーザーの利用状況が正確に把握でき、ファイルサーバーの内部統制強化にも役立つ。

 導入は、ネットワーク上のファイルサーバーとクライアントPCの間にリバースプロキシ型のサーバーを設置するだけ。個々のクライアントで特殊な設定は必要なく、ウェブブラウザを使用できる環境ならば、ファイルサーバーにある社内共有ファイルにアクセスできる。

 セキュリティ対策としては、ユーザーや他のシステムからファイルサーバーへの直接アクセスを遮断するリバースプロキシ機能や、部署・役職などによりに割り当てられた権限に応じて許可されたユーザーの要求のみをファイルサーバーに中継するアクセスコントロール機能を搭載する。さらに、証跡ログを生成でき、監査にも役立つ。また、認証機能を持つHP IceWall SSO製品と連携すれば、ファイルサーバーを含めたウェブアプリケーションのシングルサインオン環境の構築も可能。

 画面および機能を容易に追加・変更するためのAPIも提供。強固なセキュリティを保ちながら、ユーザーのファイルサーバー環境に合わせた最適化も行える。