アイティフォー(須賀井孝夫社長)は、コールセンター向け統合システムパッケージ「Aspect Unified IP」を発売した。価格は10席の場合で1000万円から。発売後1年間で15セットの販売を目指す。

 ACDやIVR、CTI、「プレディクティブダイヤラー」などコールセンター業務に必要なシステムとアプリケーションを総合的に揃えるパッケージ。複数のアプリケーションやITインフラを統合する必要がないため、導入期間とコストを低減できる。

 また、統合パッケージとして業界で初めて「プレシジョンダイヤリング(迷惑電話防止)」機能も搭載した。オペレーターに代わり自動で電話をかけ、つながった電話だけを手の空いたオペレーターに回す「プレディクティブダイヤラー」を強化した機能で、オペレーター全員が話し中の場合は新たに電話をかけないようにすることで、これまで頻発しがちだった無言電話の発生を抑制する。