サイボウズ子会社のフィードパス(津幡靖久社長兼CEO)は、データベース(DB)機能のSaaS型サービス「サイボウズ デヂエ for SaaS」の付加メニューとして、初期の設計・構築代行や運用手順のマニュアルを作成する導入支援サービスを始めた。有料で価格は個別見積もり。導入や運用を同社が代行することで、ユーザーがサービスを購入しやすくした。DBの知識が乏しい中小企業の開拓を狙っており、DB利用企業の拡大をSaaS型サービスで図る。

 「サイボウズ デヂエ for SaaS」は、サイボウズ製DBをもとにフィードパスがSaaS型のサービスに改良。2007年5月に月額利用料金1000円(1ID、10ライブラリ)で発売した。DB機能を自社でシステムを構築せず、インターネット経由で利用できる。今回の新メニュー発売を機に、従来のサービス名称「サイボウズ デヂエ for ASP」から「同 for SaaS」に変更。「SaaS型サービスを提供する企業というイメージを市場に訴えるため」(津幡社長兼CEO)で、販促活動ではSaaSを前面に押し出す。

 新メニューの導入・運用支援サービスは、顧客の声をもとに開発した。フィードパスの社員が同サービスを利用するための初期設定を行う。「DBはグループウェアに比べてIT知識が必要で利用するための障壁が高い。導入・運用サポートを付加すれば、DB知識のない企業にも販売しやすくなる。売り上げの向上よりも中小企業のすそ野拡大が目的」と津幡社長兼CEOは、付加サービス開始の理由を説明する。

 フィードパスは、今年度(08年12月期)からSaaS型サービスの販売に本腰を入れ始めている。Web型eメールソフトのメニューをリニューアルして価格を下げたほか、グループウェアのSaaS型サービス「サイボウズ Office 7 for ASP」を「同 for SaaS」に名称変更している。