ピー・シー・エー(PCA、水谷学社長)は3月13日、同社「PCA会計シリーズ」のSaaS型サービス「PCA for SaaS」を、KDDI(小野寺正社長兼会長)とマイクロソフト(ダレンヒューストン社長)の「Business Port Support Program」に、今秋から業務アプリケーションとして提供することに合意したと発表した。

 「PCA for SaaS」は、「財務会計」「給与計算」「販売管理」「仕入・在庫管理」「財団・社団法人向け公益法人会計」の業務アプリケーションを、インターネット環境で提供する「SaaS型」サービス。パッケージ版と同様の機能や操作性、処理速度を実現し、高いセキュリティレベルをもつ。SaaSとして提供することで、ユーザーは自社でのシステム構築・運用が不要になり、初期コストを大幅削減できるのが特徴。

 この「PCA for SaaS」を「Business Port」に提供することで、業務ソフト分野でのSaaSサービスの選択肢を広げ、ユーザーのITシステム全般の運用・管理コストの大幅軽減を狙う。PCAでは、「PCA for SaaS」のシステム運用負荷が軽減できる上、サポート窓口の集約が可能になるなど、アフターサポートでも利便性が向上する。今後は、「Business Port」で提供される他の業務アプリケーションとのデータ連携も検討していく方針。