ジェイマジック(宮田拓弥代表取締役)は3月25日、同社の画像検索プラットフォーム「SAYL」を利用した画像連動型広告「Adphoto」を提供した。

 オリンパスの画像認識技術に対応する、データベースやミドルウェアを組み合わせた「SAYL」を利用したコンテンツ連動型広告。ウェブ上の画像を自動的に解析して、画像内容に合致する広告を配信する。例えば、海の写真なら旅行会社の広告を表示することが可能。

 画像認識、画像検索と広告配信を組み合わせることで、従来のテキストの検索連動型広告や、テキストによるコンテンツ連動型広告を補完する。