KLab(真田哲弥社長)は、携帯電話向けFlashの動的生成エンジン「Flamixer」を開発した。

 ユーザーが入力したデータや、データベースから取得した画像などを取り込んで「swfファイル」をリアルタイムに合成できるエンジンで、動的なFlashサイトを簡単に構築可能。デザインした「swfファイル」をテンプレートとして活用し、ファイル内の画像や音声、テキストなどの素材を動的に置き換え、リアルタイムに「swfファイル」を生成する。「swfファイル」のデータを更新する際は、管理ツールを使って容易に更新できる。

 データベースと連動し、時間帯やユーザーなどの条件に合わせた「swfファイル」をリアルタイムに生成できるほか、ユーザーが入力したテキストやメール添付でアップロードした写真をリアルタイムに取り込むことも可能。

 KLabでは、高負荷対応サーバーインフラ「DSAS」や高速メール配信エンジン「アクセルメール」など携帯サイト構築のトータルソリューションに「Flamixer」を加えることで、既存の大規模HTMLサイトのFlash化需要を開拓する。