マイクロソフト(樋口泰行社長)は、今夏に発売予定のデータベースソフト「Microsoft SQL Server 2008」の新機能や特徴を説明する全国規模のイベント「SQL Server 2008 新機能紹介 全国縦断弾丸ツアー」を5月27日から開催する。

 イベントでは日本語プレビュー版をベースに、新機能の詳細についてデモンストレーションを交えながら解説する。従来の「SQL Server 2000/2005」との機能比較などをはじめ、「SQL Server 2000/2005」から新版への移行情報などを説明。「SQL Server 2008マイグレーションツールキット」を活用して現在使用中のコンポーネントやデータベースに問題が発生しないかを分析する方法も紹介する。

 開催場所は、全国に設置するマイクロソフトの支店を活用し、東京都内2か所ほか合計10か所で行う。第1回は東京で5月27日-6月25日まで開催する。MSのパートナーの独立系システムインテグレーターやシステムインテグレーターやエンジニアだけでなく、パートナー以外の企業でも参加できる。