日立製作所(古川一夫社長)は5月21日、ICカード認証で、不正印刷など、紙媒体からの情報漏えいを抑止するシステム「Secure Print Component for Prinfina SP6000シリーズ」を5月23日に発売すると発表した。

 認証ユニットと、ユーザーの認証や印刷データの制御などを行うソフトウェアで構成。システムを利用すればICカードを認証ユニットにかざし本人認証をすることで初めて印刷ができる。そのため、不正印刷や印刷物の持ち去りなどの抑止と、重要書類の持ち運びによる紛失のリスクを抑えることができるという。印刷は認証ユニットを設置した複数のプリンタから行える。

 日立では認証ユニットとクライアントタイプ基本パッケージがセットの「クライアントタイプ」、認証ユニットとサーバタイプ基本パッケージがセットの「サーバタイプ」の2種類で販売する。

 「クライアントタイプ」は部門単位など小規模での利用、「サーバタイプ」は、複数の部門間などでプリンタを共用するシステムでの利用を想定している。価格は「クライアントタイプ」が15万5400円から、「サーバタイプ」が30万7440円から、「プリントログマネージャ」が31万2900円。