ニュース

NTTデータ 販促支援SaaSを投入

2008/06/23 21:02

週刊BCN 2008年06月23日vol.1240掲載

 NTTデータ(山下徹社長)は、SaaS型の販促支援システム「SmarP(エスマープ)」を開発した。流通小売業や飲食業などを主なターゲットとし、電子マネーやポイント還元、購買動向の分析など、販売促進にかかる一連のシステムをSaaS型で利用できる。

 販売は、電通とリクルートがFeliCa活用を目的に設立したDRUM(遠藤歓社長)と協業する。すでにリクルートが運営するポイントサービスサイト「ポイコ」に採用が決まっている。2010年度までに30社へ納入を目指す。
  • 1

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>