キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ、村瀬治男社長)の子会社、キヤノンITソリューションズ(武井尭社長)とキヤノンネットワークコミュニケーションズ(岩木肇社長)は、09年1月1日付けで合併すると発表した。

 今回の合併ではキヤノンITソリューションズがキヤノンネットワークコミュニケーションズの権利義務のすべてを継承する吸収合併の形をとる。コンサルティングや開発、構築、運用、保守、アウトソーシングを包括的に提供する事業体制を築く。

 SI事業とシステム基盤事業を一体化させることで、システムエンジニアリングを機動的に提供できる体制の強化も見込む。運用と保守事業では、2社の資源を統合することで、24時間365日監視などのサービス・サポート体制を整える。