京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI、北村寛社長)は、精神科向け診療情報システムの新版「MEDIC EHR/P Ver.3」を7月16日に発売する。

 「MEDIC EHR/P」は、KMSIが精神科向けに患者情報を管理する情報システムを構築・販売した実績・経験をもとに開発したオーダリングシステム。新版では、電子カルテ機能を新搭載し、精神医療に適したシステムとして機能強化を図った。

 「精神保健福祉法」に基づくカルテ記事作成や患者のエピソード登録など、精神科特有の診療をサポートする機能を備えた。患者情報を電子化することで、データの二次利用が可能になり、書類作成などの事務負担軽減効果が見込めるという。

 使用薬剤や患者の入退院履歴など統計データの抽出機能も備え、患者の治療傾向分析などに生かすことで病院経営を支援するツールとしても活用できる。